[脳波]ゾーン状態γ波・幻想のΘ波

20140613-P6130019_TP_V.jpg

こんばんは。今日でこの脳波に関する紹介は最後になります!
調べだすとキリがないくらい情報が飛び交ってるので説明もかなり苦労しました・・・・
  • γ波
  • Θ波

一気にふたつ紹介させて頂きます。

γ波

約40Hzの周波数領域のもので、約26~70Hzの範囲になります。

γ波は脳が最も活動的な時に出る脳波となります。

そして、エネルギーの集中力などを増加する効果があるそうです。

よって、スポーツや判断力が伴うときにとても有効となります。
 

ゾーン状態など聞いたことありませんか?

私もスポーツしているときなったことは、何度かあります。
どんな状態かというと、スポーツの試合中などで集中力が高まり急に回りがゆっくり見えて判断力や行動力が著しく向上しなにもかもうまくいく
といった状態だと私は体験し思いました。

こういった状態の脳波はγ波に溢れているそうです。

他にも、とてつもない記憶力を発揮している状態もγ波によって集中力が高まってるいるとのことです。

γ波を発生させる方法


豊かな環境で育つと記憶力と学習能力が高まる

豊かな環境で飼育すると、記憶や学習に関わり、特に脳が学習するときの本質であるシナプスの可塑性が起きてガンマ波が顕著に変化することが示唆されました。その時、右側のシナプス密度が左側に比べ明らかに高くなっていたそうです。(ヒトでは、言語中枢が左脳にあるなど、脳に機能的な左右差がありますが、この発見は、そうした仕組みを解明する手掛かりになると期待されています。) 

    

参考サイト : http://blog.sophiawoodsinstitute.com/wp/

このような方法があるそうです。

若い時に刺激のある生活を行う、それを2年続ければ発生しやすいとのことです。

今までは音を聞いてなどで発生するというのを見つけて紹介しましたが、色々調べてみると生活から発生していく方法が見つかりました。

Θ波

8Hz~4Hzの周波数の領域で、潜在意識の状態を表しているそうです。
深い瞑想状態であり、記憶と学習に適している脳波の状態になります。
目覚めてるいる状態と眠りに境の時Θ波状態は起こるそうです。

脳が働いているときに、最も動きのゆっくりな特徴を持つのがΘ波です。

まどろみの状態とも呼ばれています。


記憶や集中力を上げて活用する。

海馬が活性するとシータ波が出る

例えば、
映画や音楽などに深く感動した時、
或いは恋愛やスポーツなどで
かなりうまく言ったとき、
長年の願いが叶ったとき…など
背中から首筋に欠けて
ザワザワとして感覚に包まれた
経験はありませんか?
実はその瞬間に、
海馬や額の上に当たる前部帯状回から
シータ波が発生しているのです。
リラックスしているときのアルファ波、
イライラしているときのベータ波に対して、
何かに没頭していたり、
高揚感を味わっていたり、
空間を移動していたり、
レム睡眠時などに出る脳波です。
この興味深い脳波の状態を
ある程度コントロールできたら、
仕事でも勉強でも大きな
飛躍を起こせる可能性もあります。

このような状態を指すようです。

潜在意識を取り込み思考が活性化される

集中の先での瞑想状態、これがΘ波の正体だと私は思いました。

つまり、自分の中の未知の力が解放され発想力や創造的な思考が発揮される。

これらは、研究者やなにかを生み出す人にとっては最適の脳波になるそうです。

脳波をコントロールできる状態になれば、普段の生活でとても有意義な時間を過ごせることでしょう。

まとめ

  • γ波はエネルギーの集中力などを増加する効果がある
  • Θ波は自分の中の未知の力が解放され発想力や創造的な思考が発揮される。
  • それぞれの脳波をコントロールできるようになると、リラックス状態から集中、記憶力、潜在能力をうまいこと心に落とし込み普段の生活では有意義な時間が過ごせるようになると言えるでしょう。


かなり興味深く、調べだすとキリがないくらい深い内容だったので私自身もまだ理解はしきれ
ていません。
みなさんなりの解釈もあると思うので、どう感じるかは未知数。
理解した上で生活に役立てるようにしていくのが理想的だと感じました。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする